journal

日々を綴っています だいたい季刊更新です

26年はるなつ

2014/08/27

友達に、「ゆうちゃんにとって一番重要なものはなあに?」と訊かれました。

みなさんは、なんでしょうか。

さて、前回からきれいに4ヶ月が経ちました。。。

お盆だし、祖父母の魂がお墓から出て来て私の背中のあたりにいるつもり♪になって、最近のことを振り返ってみました。

4月は、やっぱりまだ寒かった気がします。

備前守で、音頭を作ったり、八王子にライブしに行ったら街ごと停電!。街に出ると信号も止まっていて、おまわりさんが人々を誘導。灯りは車とバイクのヘッドライトだけ。そして空を見上げれば、星空が最高☆でした。

5月は、暖かくなってきていました。

久しぶりのKUMAMIのライブをして、音楽も人間も、常に先をゆく素晴らしい仲間に出会えたことに感謝です。

ototogiで名古屋ライブ、大好きな土地。ototogiも名古屋という街も、ゆるやかで確実。貴重なゆるやかさ、大事に育てていこう♪

笹木ヘンドリクス、渋谷チェルシーホテルにて無料ライブ。沢山のお客さんの前で、緊張感のあるライブを出来たのが嬉しく、まだまだこれから〜な気持ち。

森川悠くんのライブで3ピースロックンロール。フレッシュなみんなの瞬発力を感じ取れて嬉しい。

キナコさんのイベントにて、わたし U 、ゲスト出演。久しぶりのドラムボーカル(予想より多く歌パートあった。。。!)、とにかく楽しかった。自分が中学生の頃はじめて演奏した曲、思い出深い曲、やってみたい曲、もちろんU sus Uの曲たちも。MCという名のおしゃべりも、たくさんしました。自分の新たな面を次から次へと引き出してくれる、ほんとうにキナコさんは不思議な人です。

6月はしっかりと雨が降りました。今年はようやく長靴を手に入れました。群青色の長靴です。

毎月開催、笹木ヘンドリクスの企画ライブがスタート。空調が壊れていて、扉も裏口も全開、渋谷道玄坂に音をぶっぱなす!。最後のCha-La Head-Cha-Laの楽しさ。みんなも楽しそう。これ醍醐味です。

オガワマユのライブ。きちんとバンド編成でサポートするのは初めて。レコーディングに参加させてもらった「odyssey」をはじめ、改めて大〜好きな曲たち!!これに尽きます。曲に向かう気持ちの、なんと楽しいこと。醍醐味です。

7月は猛暑だったり、空気が湿気で重かったり、日焼け止め沢山塗ったり。

大ファンの川本真琴さん、そのライブで自分がドラムをやるということで、春からドキワクが止まらなかったですが、七夕に向けてリハーサルと本番。川本さんは私の想像なんてかるーーく遥かに超えた、本当に素晴らしい人でした。子供のような目と感受性を持った、とっても素敵な気遣いの大人な方。。。! そして最高にかわいらしく、かっこいい女性。本番中や本番後、わたしは、いままで経験したことのない気持ちになりました。身体も心臓も心も目も、熱を帯びていました。こんなことは初めてでした。

ニューオリンズ音楽特集のライブに、タンバリンとコーラスとドラムボーカルで参加しました。企画はキナコさん、ドラムは宮川さんです。宮川さんのグルーヴに乗って、みんなが演奏する、その重なって行く過程が最高に楽しかったです。この方々と一緒にやるといつも、ドラムをより好きになるのです。

川本さんのライブ、青森の夏の魔物というフェスの前夜祭で、七夕ライブと同じく、ギター陽一郎さん、鍵盤はにたろうさん、ベース木本くん、ドラムU、のメンバーで出演。ライブハウスは青森に来たのになんかとっても新宿な雰囲気。ライブ前に陽一郎さんと青森の魚介ぺろり。本番、川本さんは、その時その時でまったく違うパワーを出す人なんだなぁと感じて、最高に楽しかったです。青森という土地は、おいしい空気、風、水に、おいしい魚介類、優しい方言と、心身が軽くなる場所で、最高の旅でした。

東京に戻って来た時のあの絶望感(笑)空気が重く、身体も重くなっていくのです。むむむ。むむむ?

笹木ヘンドリクスのライブ、企画第2弾と、和子の部屋というイベントに出演。企画第2弾では、新しく導入したスネアくんの性格が少しわかってきた気がしました。久しぶりの代官山UNITでの和子の部屋。和子さんのギターには本当に魂が宿っているように見えました。そして、大貫妙子さんのアルバムで大好きなドラムを叩いていた渡嘉敷さんとの対バン、本当に興奮しました。ずっと見ていたい素敵な人でした。

8月はスコールと、暑さと、あっという間の時間。

早朝、馴染みの街で写真撮影。髪をショートにしてからの写真がない、ということで、去年切ったのですが、ようやく撮れました。いつも夕方以降に訪れる街の朝の姿は、住民の寝起きや、洗濯機の音や、向日葵や、まぶしい朝日。撮ってくれた監督の寝起きと眩しそうな汗も嬉しい。

お盆前に横浜スタジアムへ2夜連続野球観戦。いつも見に行くと負けてしまうベイスターズ、今回は2戦連続勝利! 文化としての成熟度、高くて大好きプロ野球♪

笹木ヘンドリクスで名古屋と、渋谷で企画ライブ第3弾と、愛知県篠島へ。

少し早めに出発して名古屋の大須という商店街へ、お店のものを全て買い取りたいぐらい好きな洋服屋さんで買い物。ひとりであれこれ、試着。ひとりで切り盛りするおじさまとのコミュニケ。太平洋側特有の98%ぐらいの湿度の中メンバーと合流し、ライブハウスの屋上で開催中のBBQをいただき、とてもいい感じに盛り上がったままライブ終了。名古屋でラジオ番組を持っている笹木くん、嬉しいお客さんたちでした。

渋谷に戻り、残暑がまだまだがんばっているお盆あけの企画ライブ。笹木くんはハンドマイクの曲と、ギターを持つ曲と。ここのところ、笹木くんはもちろんのこと、御供ヘンドクス・堀崎ヘンドリクス・幡宮ヘンドリクスのメンバーの演奏がより本番で体感できるようになってきて、嬉しい限り。

再び愛知県は知多半島の先、篠島へ。昔から噂に聞いていた島、原付がノーヘル、2ケツ標準装備。でもなんか納得。車も原付もそんなにスピード出さずゆるゆる運転、原始的ですてき。波がほどんどないビーチで今年初めての海バチャバチャ。水も冷たすぎず、透明で、すぐそこにシロギスがいる。海の向こうには渥美半島の風力発電や工場がうっすら見える。ここは小さくてあたたかい島。ゆでた蛸をいただいた、あんなに甘くて美味しい蛸ははじめて。笹木くんと2人編成のライブ、ステージの背中には地元漁師さんたちの大漁旗が。それまで晴れていたのにライブを進めるうちに雨と風が。そんな荒れ模様をも味方にする音楽、お届けできたかな。草の上に座るお客さんたちも嬉しそうだった。

いつもいっしょにいる人、あたらしく出逢う人。

音楽を通して、すてきな人と出逢いすぎている〜!

すてきな春、そして夏でした。

9月は U sus U ライブ、はじめての企画です。

とっても楽しみ。

みなさまご来場おまちしております!